鈴木たつろうのブログ

冴えない人の日記。

サボりたいという切実な願い

今週のお題「サボりたいこと」


※投稿するのが遅くてお題が変わってしまいました。すみません。


サボりたいことは山ほどある。まず仕事でしょ、それから仕事と仕事と仕事、あと仕事と仕事と仕事と……。とまぁ、書き出してみたら「仕事」しかなかった。というよりも仕事をサボってもいいのなら道端に落ちているガムを口に含む程度のことなら喜んでやる。



他にサボりたいことといえば、「着替え」という行為がワタシ的には面倒くさい。恐らく、着替えることよりも服を洗濯することの方がダルいのだろうが、なんせ私は実家暮らしなので家事全般について語る資格はない。ママが全部やってくれるのだ。しっかりと自分のキッタナイ洗濯物を洗濯したのは、自動車教習所の免許合宿に参加してたときくらいな気がする。


とりあえず洗濯の話は置いておいて、着替えの話をする。なんだろ。服に興味がないわけではなく、どちらかといえばファッションには関心があるのだが、着替えるのはどうも面倒くさい。靴下なんていちいち屈まなければいけないし、シャツなんて大量のボタンを留めなければならない。


学生の頃の「体育」とかいう授業なんて地獄そのものだ。運動が宇宙一苦手なのに加えて、体操服に着替えるだなんて、面倒くさいの権化である。体育始まる前にシャツのボタンを外してズボンも脱ぎそれから体操服に着替えて、運動神経ないからただただ苦痛な50分の授業が始まる。で、体育が終わったら体操服を脱いでズボンを履いてシャツのボタンを留める。冬は学ランのボタンも追加される。ダルい。ダルすぎる。手順が多すぎる。運動が嫌いすぎる。てか、体育って本当に嫌い。運動出来ないからバスケとかサッカーとか団体スポーツすると、周りの人に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになるし。持久走なんて苦行でしかなかったし。


まぁとりあえず体育の話は置いておいて、着替えの話をする。朝、スーツだの制服だのに着替える時間がとても面倒かつ勿体ない。着替えなければ、着替えるために使っていた5分間を睡眠の時間に充てられるのだ。朝の5分って、結構デカくないですか?貴重で重要で高尚で大切な朝の5分間。ソレを着替えに充てるのが、とっても勿体ない気がする。


いっそのこと、裸で出勤してしまおうか。正々堂々と「裸ですが何か?」という居丈高な態度で街中を闊歩していれば、大丈夫なのでは。いや、大丈夫なわけないか。じゃあなに。どうすればいいの。どうすれば、着替えに要する朝の大事な5分間を「着替えという名の悪魔」から取り返せるのだろうか。





私が正義のヒーローになればいいじゃないか。ジャマイカJamaica



仮面ライダーでも戦隊ヒーローのレッドでもブルーでもいい。プリキュアだっていい。とにかく、即座に変身できればいいのだ。「あゆまちかみたぬわまれ!!!???」とか何だか訳の分からない決めゼリフを吐き捨てて、片腕を高く振り上げるだの振り回すだのフリフリするだの何だの決めポーズをして、一瞬でスーツ姿に変身する。そんなシステムを活用すれば、朝の着替えの時間をなくせるじゃないか!ジャマイカjamaica



なんてくだらないことを考えていたらフト気になったのだが、戦隊ヒーローとかの戦闘スーツって地肌に直接着ているのだろうか。それとも下着は着ているのか。それとそれと、ウルトラマンって、アレは戦闘スーツ姿なのか全裸なのか。誰か教えてクレメンス。





全然関係ないけど、紫芋のコロッケ美味しかった。